が世界遺産に登録されました。

 

三保松原も含めての一括登録

日本人として素直に嬉しく思います

 

富士山といえば、恥ずかしながら

私はまだ登ってことがないので

幼い頃に行った銭湯の壁に描かれていた絵

葛飾北斎の「富嶽三十六景」

 

一時期は登山者の捨てていった「ごみ」で

汚いというイメージで世界遺産からは

遠くなったかなと思っていましたが

アルピニストの野口健さんや

いろいろな人の努力と協力があって

世界遺産にたどり着いたのでしょうね

 

世界遺産は、遺産そのものの価値だけでなく

それを守っていこうとする人の心が

登録する「価値」を持った時に選ばれるものだと

実感しました

 

それを象徴するかのように

日本には目に見えない

素晴らしい世界遺産があるそうです。

 

去年、関東限定でオンエアされていた

ピーター・バラカンさんが語りをしている

AC(公共広告機構)のCM

「この国の思いやりは世界遺産」

http://www.ad-c.or.jp/campaign/self_area/03/

 

「誰かが困っていたら力になりたい」

相手を自分に置き換えて

さりげなく、なにげなく、

相手を思いやる心

 

生まれた時から自然に学び実践しているので

普段はあまり実感がありませんが

外国の方から見ると

日本人特有の素晴らしさなのですね

 

本当はこれこそが守って行かなければならない

日本にしか無い「

「この国に生まれてよかった」と

いつも思っていられるように

ずっと守っていけるように、

日々努力して行きたいなと思います

Bookmark this on Google Bookmarks
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]