ササキさんの好評シリーズ第五弾です(^_^)


喜ばれましたよ~


先日、結婚式に呼ばれたときのことですが
乾杯の直後に新郎新婦の高砂へ
二人のそれぞれの名前を入れた箸

差し入れて、使ってもらったのです。

かなり驚かれましたが

いいサプライズになったようでした。


結婚式でも「引き出物」や「テーブルセット」

また双方のご両親へ花束とともに

お箸を贈るなどと


様々な場面で喜ばれているようです。


さて今年も残すところ

あと1ヶ月余りとなりました。

何かとあわただしくなってきますね。

身の周りのものを整理したり、処分したり

 

ここで考え方というか

やり方といいましょうか

いろいろと分かれるんですよね。

ひとつのものを使い続ける派

定期的に処分し、買い換える派

元のものはそのままに買い増しする派など・・・


箸の場合は多数の方が前者のようです。

ただ、あまり気にもせずありのままで

くたくたになっても知らずに使い続けている場合と

気に入っていて拭き漆を塗り直して

いい状態で大事に使いつづけている場合とでは

大きい違いがあります。


しかーし、そこで今回のお話は後者二者のように

「新しい箸を使ってみよう」だったのです。

そしてテーマの選ぶヒントはズバリ「縁起箸」

どちらかといえば縁起が悪いより良い方がいい、

ご利益がないより有る方がいいですよね。



縁起にもいろいろありますので一例ですが

「難を転じ福招く」(南天
)
 
、受験生必須「合格祈願箸」

栗の木と八角で縁起二重奏「栗八角箸」
など・・・。

そんな観点で2010年へ向けて新たな気持ちで選び、

幸運を引き寄せてみてはいかがでしょうか?

まず自分で使って見て、

本当に良かったものを大切な方へ贈る。

これも贈り物のお箸選びのヒントに

つながるのかもしれません。

Bookmark this on Google Bookmarks
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]