当店ではお箸をより長く

大切にお使いいただけるように

拭き漆の塗り直し
を承っております


店頭や郵便等でお客様より

いろいろなお箸が送られてまいります


送っていただいたお箸によっては

木地の確保が難しいなどの理由で

現在は販売していないお箸もございます


送られてくるお箸には

お客様の大切な想い

込められているわけですが


商品や販売時期などによっては

販売したお店の店員や職人の

「想い出」があり、走馬灯のように

いろいろなシーンが

よみがえってくることがございます


そんな一場面


お店に「拭き漆の塗り直し」希望の

お客様がお見えになりお箸をお預かりしました


私がお預かりしたお箸を見てみると

かなり使い込まれていて

漆のほとんどが剥がれてしまい

木地が表れてしまっている感じでした


同じお箸は私が見渡せる店内には

見つからなかったので

知識の浅い私では

何の木地かもわかりませんでした(>_<)


でもとりあえず、シゲさんのいる

「工房」持っていきました


私:拭き漆の塗り直しをお願いします


シゲさん:ハイよ、、そのお箸、店頭?


私:はい、お客様からお預かりしたんですけど

このお箸、木地なんですか?(@_@


シゲさん:おぉ どれどれ

(手に取りながらじっくりと見て)


これはオノオレの削り箸だよ


私:え?(@_@;)、でも今、

店舗にあるオノオレとチョット

削りが違うような気がしますが・・(^_^;)


シゲさん:このオノオレはね7年位前

(開店間もないころ)

ある職人さんに作ってもらったお箸で

結構、人気があったんだけどね

一時期、オノオレの木地がなくなってしまって・・・


今はまたオノオレの木地が入手できたので

オレが製作して復活させ店頭に並んでいるけどね」


(シゲさんはとても懐かしそうにそして愛おしそうに

お客様からお預かりしたお箸を見ています)


私:じゃ、よろしくお願いします。


お箸をシゲさんに預け、私はお店に戻りました


閉店間際、その日の作業に一区切りつけたシゲさんが

工房からお店に来て語りだしました。


そして私が先ほどのお箸を持って行った時に感じた

「懐かしさ」「愛おしさ」の理由が

初めてわかりました


「あのお箸を見ていたら当時(7年前くらい)の事が

いろいろよみがえってきてね。。

家庭のこととか・・仕事のこととかで

個人的に悩んでいてね


当時を振り返ると色々つらかった

それに比べれば今は幸せなんだなぁと


今の自分に言い聞かせているような

気持ちになったんだよ


それにしてもこのお箸を、

ここまでお使いになってくれたお客様に対して、

大袈裟ではなく、感動すると同時に

「本当に有難うございます」

と言わせて頂きたい気持ちだね


モノを大切にする心と

温故知新ではないけれど、今までの環境が

今の自分やこれからの自分を支える礎になっていることを

再認識させて頂きました


また、いつかこのお箸の拭き漆の塗り直しを

やらせて頂ければ幸せだよね。」


お店にいるスタッフの誰もがみんな

シゲさんの想いを受け止め

お客様への感謝の気持ちを持った瞬間でした。



Bookmark this on Google Bookmarks
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]