今回はササキさんの新シリーズ

登場人物も増えてなんだかにぎやかです(^_^)


~ある金曜日の和食料理店で~


今日はおなじみ箸派のおしん子の

妹の「かずの子」の娘「たら子ちゃん」4才が

幼稚園の運動会でなにやら1等賞をとったらしく、

それを逃さず口実に

タ子おばあちゃんののおごりで

会席を食べることになった。


フォーク派のタバス子と

その妹のバジリ子も潜りこむことに・・・


おしん子:やっぱりいいわねぇ、

のれんをくぐると囲炉裏があってー

青いタタミの上で、あたし熱燗もらおっと。



タバス子:あたしはビールね。

かずの子:あたし運転手だからお茶で、

おばあちゃんもね。たら子はオレンジジュースにしてー。

バジリ子:わたしはとりあえず赤ワインがいいかな。


おしん子:ほぅーさすがタバス子の妹ね。

これから何を食べるつもりかしら?

まぁ好きに飲んでちょうだい!


たら子ちゃんおめでとうカンパーイ!

 パチパチパチ(たてまえ以上)


タバス子:あっ来ました「お通し」


おしん子:これ「先付」でしょ?

居酒屋じゃないんだからもう。


4才のたら子ちゃんもしっかりバッテンで

マイ箸を持ってお刺身を食べていた。

その手に合った16cmの箸には

「たらこ」と名前が入っていた。イカシテルゥー。

店で出る割り箸はさすがにこどもには長すぎるかも・・・



タ子おばあちゃん:たら子ちゃん、

お箸はね、まず右手で上から持ち上げてー

左手を下からそえてーそれから持つのよ。

そうそう。かずの子ー、家でちゃんと教えてるの!


おしん子:教えてるわけないでしょ。

親自体がちゃんと持ててないし。

見てみなよ、けっこうみんな正しく持ててないでしょ。

自己流だったりで・・・


タ子おばあちゃんの塩焼きのさかなのお皿には

頭としっぽがつながったきれいな一本の骨しかなかった。

一方、バジリ子のさかなはぐちゃぐちゃ。

チョット見苦しい状態だ。本人はというと、

さほど気にもしてない様子。


タ子おばあちゃんは半ばあきれつつ

箸休め でお茶を飲んでいるとー

タバス子:「箸休め」って箸置きでしたっけ?

 箸も少し置いてあげて休めるんじゃ・・・

またはアタシが食べるのを休む・・・?


おしん子:バカねぇ、小鉢のお料理のことよ。

少しの和え物や煮物とか・・・。

和食ならではのいい言葉だわね。


かずの子:そうね刺身や酢の物を「向付」って呼んだり、

ご飯と最後に出るお椀の汁物は「箸洗い」なんていうそうよ。



バジリ子:へぇ~なんだか趣きがあって

日本っぽくっていいね。カシスオレンジないかなぁ。



「みんなで食べるとおいしいね!」

「何はなくても健康第一だからねぇ~ホッホッホゥ」

こうして、タ子おばあちゃんは

敬老の日を前にさりげなくみんなをもてなし

朗らかにふるまうのだった。




たら子:あたし、ばあばとじいじにお箸買ってあげるの!。

らっきょうじいさんは愛犬ホッピーと家で留守番だった


おばあちゃん万歳! おじいちゃん万歳! 


Bookmark this on Google Bookmarks
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]