今日はヨシダさんの

ちょっと変わった

マイ箸実践記?です(^^)

日曜日、友人とでかけました。
お昼に中華料理のお店に入って
上海焼きそばなるものをいただきました。

焼きそばとはいうものの
その実態は むしろ

焼きうどんbut醤油味にアラズ。

友人は海鮮粥を。

普段から、食事が極端にゆっくりな
2人なのですが
その日はぶっちぎりで
ヨシダが遅い。

その訳は、
料理中か食事中かに生産された
極端に細切れになった麺を残すまいと
必死に箸で追い掛け回しているから!

1センチに満たない麺。

中華料理特有のたっぷりの
油の中のソレは、いくつも皿の底に残る。
もやしも。

「手伝おうか?」
ついには皿をテーブルの中央に据え
友人とヨシダと向かい合わせて2人がかりで
ヒトツの皿をつっつきあう始末。

もの言わず
ひたすら高速で
皿と口を往復する箸・・・・。

シュッ! ぱく
シュッ! ぱく
シュッ! ぱく

「なんか、、、、あたしら鳥みたいね。」

だがしかし
皿をきれいにあけた
この達成感を誰に伝えよう。
完食シタアルヨーーーー。

私:私も箸使いはあまり自信がないので

光景が自分の事のように浮かんきます。


防御策としてはお箸で美しく

食べる自信がないものは食べない(^^) 

・・・かな


*一双・・・・お箸の数えかたのひとつ

Bookmark this on Google Bookmarks
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]