当店の人気商品は何といっても
スピード仕上げの彫刻名入れ
です

数量にもよりますが
大体、当日か翌日には出荷しています

店頭なら90分と「少しお茶している」
間にできちゃいます(^_^)

さて前置きはこのくらいにして

当店の注文は
インターネットが中心です

それなので文字だけのやりとりに
なることが多く、

時々、 「これはどっちかな?」
と考えさせられる場面があります

彫刻名入れは、左右同じ名いれと
一本ずつ違う名前をお入れするタイプと
お選びいただけます

が、時々、注文方法が

分かりにくいせいもあり(^^ゞ
「うーむ」と考える内容の
注文をいただくことがあります。

そんなワンシーン

インターネットの注文書を印刷し

注文内容をチェックしていると

お箸一膳の名いれで

片方に「正義」

片方に「勝子」と書いてあります。

(@_@;)

こういう場合は結構、

本当は夫婦セットの購入を

希望されている場合が多いです

一本ずつ別々の名いれの場合は

結婚式の記念で

「2009.9.9」

「Takahiro&Ai」

とか

「祝還暦」

「勝彦」

など、ある程度決まったパターンがあり

区別できますが

男女それぞれの名前を

一膳のお箸にないれする場合は

夫婦セットに仲の良いしるしとして

お互いの名前を1膳のお箸に

名いれする場合を除いては

ほとんどありません(>_<)

それなので「あれ?」と思い

電話でお客様に確認をしようとした瞬間

メッセージカードの文面を見て

電話をダイヤルする指を止めて

ふと温かい気持ちになりました

「おばあちゃん、誕生日おめでとう

これからもじいちゃんの分まで

長生きしてください

仲の良かったじいちゃんが

寂しくならないように

いつでも一緒にいられるように

じいちゃんの名前もお箸に入れました

ご飯を食べるときに

じいちゃんを思い出してあげてね」

人には寿命がありますが

想い出とやさしさには限りがありません

時間を越えて、それを

想い出ややさしさとして受け取る人の

力に変えてくれる強さがあります

注文ひとつをとっても

その人の「ドラマ」を見ることが

できる仕事って

中々ないかなって思います

ちょっと大げさにまとめてしまいましたが

注文書を通して

お客様の喜怒哀楽を感じ取り

お客様が「どのような思い」で

注文をされたのかを考えながら

今日もお箸と向き合っています(^_^)

Bookmark this on Google Bookmarks
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]