ササキさんの「名わき役シリーズ」の完結偏です(^^)

これまで箸にかかわるわき役をシリーズで

お話してきましたがついに最終章。

ファンの皆様ありがとうございます。

そもそもわき役とは何でしょうね?

カレーライスのわきのらっきょうや福神漬け?

バラを囲むかすみ草?

助演の役者さん、お医者さんの助手など・・・

いろんなところに存在しているようですね。

箸が1膳できあがるのにも

樹木が育つ地球の恵まれた自然環境の下で

森林保護の計画にもとづき、木が切り倒され

山から運ばれ、乾燥される。

年月を経て、加工され、特殊技術と技法で

1膳の箸になってゆく。

天然素材だから、

過程ではじかれる箸も少なくありません。

多くの人によって支えられ、ようやく完成し、

主役であるお客様の食卓に上がる。

つまるところその

「完成品(想い想いの夢をふくんでいます)」を

お客様に披露しお届けする舞台、

そんなところを「店」というのでしょうか?、

「店」こそが お客様のための

「名わき役」にならねば・・・。

失敗は許されない・・・はず。

(数知れぬ心痛む失敗談は別の機会に・・・)

お客様が店でリラックスして

要望のやりとりをするような、

納得して気に入った商品を選べて・・・

使い続ける喜び、健康でおいしく食べる喜び、

大切な人へ贈る喜びのお膳立てをめざすことで

名わき役完結に少しだけ近づけただろうか?

 「名わき役シリーズ」 完

*名わき役シリーズ1 「ワシは名わき役?!」

*名わき役シリーズ2 「相棒はどこ?」

Bookmark this on Google Bookmarks
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]