当店にお箸を買いに来るお客様で
多いのが「お子様用のお箸」を
お求めの方です

当店のお箸が天然素材で漆仕上げの
安全なお箸ということを

ご存知でこられる方が多いです

お子様の年齢に応じて適切な長さをよく
たずねられますが、

大体の目安では
下記の図を参考にしていただき

箸専門店 箸久 ブログ「一生一膳」-ひとあたはん

※一あた半(ひとあたはん)

親指とひとさし指を直角に広げ親指と、ひとさし指を
結んだ長さの1.5倍の長さが使いやすく美しく見えます。
手にあった箸で持ちかた、使い方を教えてあげてください

一番あったサイズのお箸を薦めさせていただいています

ただお子様はなかなかサイズを測りにくいことも
ありまして私がよく言っている目安のひとつに

「靴のサイズ」があります

もちろん、「ひとあたはん」で測るのが
最も正確ですが

お客様(特に親御さん)には
靴のサイズが一番わかりやすいようです

これは親御さんがお子様連れではなく
お一人で買いにこられるときなどは
特にそうです

と前置きはこれくらいにして

お子様と親御さんが一緒に買いにこられるとき

お子様が気に入るお箸というのは

必ずしも「子供箸」ではありません

「これ、ママに似合うよ(^.^)」

「これは○○おばさん」

「これはパパ」

何気なく私は視線を

そのお子様の指しているお箸に移すと

(@_@;)

な、なんと教えたはずは全くないのですが

それぞれの世代に良く売れる

お箸を的確に言い当てているではないですか。。。。

親御さんが「こっちのほうがいいんじゃない?」

他の商品を指しても、

お子様は「ううん、あっちのほうがイイ(^.^)」

店員の私も心の中で

「「お子様の指しているお箸のほうが人気です」」

と思わず相槌を打ってしまうこともしばしば

私なんて最初のころは

「こういう商品が売れているよ」と教えられても

自分の感性と合わない場合が多く

「(T_T)、は、はいわかりました」と

無理やり納得していましたが

お子様は何のアドバイスも受けていないのに

ピタリと「売れ筋」を言い当ててしまう

・・・先入観がないってやはりすばらしい「武器」です

見習いたいと思います

書き入れ時の時期にはぜひ

「お子様を臨時販売員」に採用させていただきたいです

というわけで来月は敬老の日です

おじいちゃん、おばあちゃんに最適なお箸を選ぶのでしたら

ぜひ、お子様と一緒にご来店ください

感性のよいお子様と私が勝手に思ったら

「スカウトしてもいいですか?」

スカウトに失敗したときも想定して

先入観たっぷりの私たちがお選びしたお箸
もございます

一応、お店としてはオススメです。

参考程度にご覧ください(^_^;)

Bookmark this on Google Bookmarks
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]