今回はササキさんの「迷わき役シリーズ」です

さて今回の名わき役シリーズの2回目は・・・

普段使っている人もいれば、

まったく使わない人もいる、

それは・・・

なんと、箸枕とも言われる「箸置き」。

起源は箸とほぼ同じく聖徳太子の時代といわれ

宮中で使われた「馬頭盤」といわれる

箸とさじがそっくり乗せられる

大きな皿のようなものが

中国から伝わったとされているそうな。

また、神にささげる箸は清さのためゆえ、

「箸台」といわれる箸全体を中央で支えるものが

つかわれたらしいですね。

こうして少し歴史をひもとくとやはり

名わき役にふさわしい感じがうかがえますね? 箸置・・・。

いえいえそれどころか必要不可欠な存在だったような・・・。

今日「箸使い」と同様、箸の作法の上で、

お椀や皿の上に箸を置くのはマナーではない 
とされていますね。

はたまた直に食卓テーブルに置くのもなんですしね。

とりもなおさず「箸置」って役柄は

神聖な箸を清い位置にキープすること。

そして・・・

あらゆる命をいただき、命をつなぐ大切な「食事」を敬い、

感謝していただくことに由来することはまさに

箸と一心同体ってことなんですねぇ。

今や さまざまな素材や形・デザインが楽しめる「箸置
」。

箸にとって欠かすことのできない相棒。

箸との、あなたとの、

とっておきの相棒をさがしてみようじゃありませんか? 

2009年 味覚の秋へ向けて。

私:箸置きは目立たないけど、

日本の美意識の象徴みたいなものです


箸先3cm(昔は箸先から3cm以上は汚さないとされた)
を左に出し食卓の手前横一文字に置いて

「口で汚した所を隠す」という配慮が

なされているのですよね


今はいろいろなデザインがあって

コレクションをしている方も多いです


これを機に箸置きの歴史と日本の和心を

知った上で集めるとより楽しくなるかも・・


Bookmark this on Google Bookmarks
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]