今日はシゲさんとノムさんのマイ箸実践記です

シゲさんとノムさんは仲良し

そして仕事とお酒が大好き

仕事終わり間際のある日の会話

(仕事が一段落し、後片付けを始める前に・・・・)

「ノムさん、そろそろ今日は終わりにしますか!」

ノムさん:そうですね。

(後片付けと帰り支度を始める、、、。)
(今日は、久々に軽~くイッパイやって帰るかな・・・。

なんにすっかな~、焼き鳥かな・・・。)

(いや、刺身も食いたいな。ん~、焼き魚と刺身とおしんこってとこか!)
考えて、想像するだけで、

すでに、パブロフの犬状態!

ナマツバはあまり出なくて口中は枯渇状態・・・。

早くビールを注入してあげないと危険な状況だ!

シゲさんは体内のビール濃度が薄まると放心状態になってしまう

ドラえもんのシッポのスイッチが切れたみたいに・・・

(んー、喉が鳴る。。。ノムさんの手前、表情は冷静に・・・、

動きは機敏に、、、。テキパキ!)

ノムさん:今日あたり、一杯、やって帰りたいですね。

(おお!渡りに船ってか!)

お手をする条件反射の犬のような笑顔で

「いいですねー!ん、ん!そうしましょうか!」

(やけに明るい笑顔で返答する自分が恥ずかしいが、

本能がそのまま出てしまうのは、この場合は良い事だ。)

どこに行こうか・・・定まらず、飛び込みで初めての居酒屋へ、、、。

イラッシャイマセー・・・、席に着く前に・・・、

「すみません、死にそうなんで、大至急!!

ビールふたつ!お願いします!」

「おつかれさまでしたー」

「プハー」

おじさんデュエットが店内の一角で明るく鳴り響く。

(私もノムさんもマイ箸をさりげなく取り出し、

オトオシをつまみながら・・・、お店の人に)

「刺身の3点盛とトリカラ!・・・、んーっと、とりあえず・・・

それだけお願いします。あー!ビールもね!」

お店の人: 「おー!\(◎o◎)/!マイ箸
ですね!」

「エッええ、まあ」

ノムさん:マイ箸、フツーでしょ・・。

お店の人:「いやー、話には聞いてたけど、初めて見ました!」・・・、

「へー!なるほどねー。」

お店の人は、注文をメモって、厨房へ・・・。

(仕事が仕事なので、マイ箸を広める為、

7年前から使っていたけど・・・、

こんなに感心されるとは!?)

やっぱりマイ箸ブームちっても一部だけなんだなぁ

ノムさん:まだまだ、時間がかかりますねー、マイ箸。

お店の人:「どうぞ、こちらサービスです」

おしんこのセット盛が・・・・。

(本心はあれビールじゃないんだと思いつつ

ちょっとひきつり気味の笑顔で、でもちょっと嬉しい)

「おお!!いいんですかー?すみませーん。

いただきまーす!\(~o~)/」

それから、延々と酒盛りは続く・・・。

明日の朝、頭痛のツライめに会うことも忘れ・・・。
いいこともあるが、、、。辛いこともあるのが、世の常!

*シゲさんは仕事柄もあるがマイ箸を7膳持っている

TPOに応じて使い分けている

この日、使っていたのがコレ

勿論、名入れ
しているので

時々酔ってお箸をお店に忘れてきても

ちゃんと取置きしておいてもらえるのです

時々、「お箸取りに行って来るね」といって

夕方早上がりする日があったりなかったり(^_^;)と

常にマイ箸普及の為?、今日も

ひょこっとどこかの居酒屋に現れるかもしれません

Bookmark this on Google Bookmarks
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]