来店されるお客様は多かれ少なかれ
買う目的で来ています」
店員はそのお客様の意をいかに
汲み取って満足のいく買い物にするための
お手伝いをすることができるかだと
私は勝手に思っています(^_^;)

が・・・

ある日の店頭風景

当店はお客様が来店されて「いらっしゃいませ」と
お声掛けした後は、しばらくお声を掛けません

それは店員を気にすることなくゆっくりと
商品を見ていただきたいからです

一部の量販店のようにお店に入ってすぐに
店員にベタ付きされると・・・
私の場合には・・
買おうと思ったものも
・・・何となく買わされる気がして
そのまま帰ってきちゃったりします(T_T)

お客様が来店されて・・・
売り場をくまなく見ていて
10分くらい経ったので

私:「どうぞ手にとって持ち比べてみてください(^_^)」
お客様:「贈り物につかいたいのですが・・・」
私:「どのような用途ですか?
お客様:「両親の還暦祝いです」
私:「栗削りなどいかがでしょう?」
私:「栗の木は一年使うと長寿になるといわれていて
   縁起のよい木ですよ(^_^)」

お客様は少しイメージが違ったようで

お客様:「還暦なので赤いのがいいんでしょうか?」
私:「赤いお箸を選ばれる方もいらっしゃいますし
    デザインで選ばれる方もいらっしゃいますし
   ・・・お客様によって様々ですよ(・_・;)」

私:ご予算はどのくらいでしょうか?」

この質問がまずかったようで・・・(^_^;)

お客様:「気に入ったものであれば特に決めていません

あまり勧めすぎると押し付け気味になってしまうので・・・
私は少し間を置いてレジカウンター内に戻りました

少し経った頃お客様がレジに来て・・・

お客様:「あの・・・・」

と言ってきたので

私は内心、商品が決まったのかなと思い
少し声のトーンを上げて
「ハイ!(^_^)」と答えると

お客様:「パンフレットいただいてもいいですか?
     いっぱいあって迷っちゃったので
     また考えてきます」

私:「は、はいどうぞ。あ、ありがとうございます。
   またよろしくお願いします(T_T)/~~~」

またまた私の悪い接客例です

今回はお客様の「買う気」をお客様のイメージとずれた
商品の紹介をしてしまったので

お客様は「迷い」になってしまったのですね

大事な贈り物ほど自分が買うときでも
迷ったときにはその場では買うのを留まります

本来、店員はお客様の「迷い」と「買う気」のシーソーの
バランスを平行にしてあげることにより
お客様が安心してご自分でも満足のいく
「買い物」をしていただけるのです

まだまだ自分のお客様に対しての意思疎通が
図れていないのだと痛感します。

「日々是精進」

トライ&エラーの繰り返しでしか進めない
不器用な自分がちょっと情けなくなりました(T_T)

Bookmark this on Google Bookmarks
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]