お箸やさんになったばかりの頃
お箸の知識もないまま
どうしたらお客様に失礼のないように
接客できるか悩んでいました

専門店に限らず
サービス業ならお客様から見れば
10年目のスタッフも
その日がはじめての接客のスタッフでも
「店員」に変わりはありません

私も最初どのように接客をしたら良いか
少し悩みました

そして当店のお客様への方針を考えて

・・・決めました

「ありがとうございます」と
「すみませんでした(申し訳ございません)」

いつでも心から言えるような気持ちでいようと

そして笑顔でお客様を迎えられるように

簡単なようで・・・
・・・結構難しいです(^_^;)

上辺だけの挨拶は心がありません
それはお客様にも伝わります

サービス業だけではありません

すべての人間関係において
きっとこの二言をいつでも
心から言えるようになっていれば

きっと大丈夫
・・・そう私は思います

当店がお箸やさんを開いたのは

より天然素材の口に入れても安全なお箸を
お勧めするというだけではなく

メール、携帯電話が普及し
知人・友人だけでなく
・・・家族とも面と向かって
話す機会が減っている中

家族がそれぞれ自分のよいお箸を持つことにより
一家団欒の時間が自然とできるきっかけつくりの
お手伝いと

そしてその中で自然と会話が弾む
そんな家族みんなの笑顔で話している姿を

いつでも想像しながら・・・・
お客様と接して行きたいと思っています

人と人との「箸(橋)渡し」

今日もそんなお客様の笑顔に会えますように

私も笑顔で頑張りたいと思います

Bookmark this on Google Bookmarks
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]